アンチエイジング

低温調理で毎日の食事が劇的に簡単・美味しく・健康になったワケ

こんにちは、肉も魚もどっちも大好きなみりりっこです。

一年ほど前から、
私は低温調理器肉や魚を料理するようになりました。

おかげで手間なく、美味しく、健康的な、
肉・魚料理
を毎日楽しんでいます。

でも以前は肉や魚の調理は苦手で、
余程食べたい時にしかやりませんでした。

なぜなら自分で料理しても、
火加減が難しくてパサパサになったり、
どうにも美味しくない
ので。

これは私がそうそう高級なお肉や魚は買えないからと、
料理の腕があまり良くないためでもありますが…。

料理の腕については、
別に料理が好きなわけではないので、
上達に向ける情熱がそもそもなく、
下手ならやらなければ良いというスタンスでしたし。

しかも手間がかかるし、
洗い物も多いしで、正直面倒くさい。

特に仕事から疲れて帰ってきた後に、
肉や魚料理をする気力など残っていませんでした。

どんだけ面倒くさがりなんだ、という感じですが、
情熱を注げる対象には寝食忘れて没頭しますが、
興味がない事にはわずかな手間や時間もかけたくないという、
超・超・極端な性格なもので…。

そんな超の付く面倒くさがりな自分が、
虜になったのが低温調理器

今や肉や魚の調理が嫌いなのも忘れて、
肉や魚を自炊して食べています。

今回はもともと料理が面倒臭くて苦手だった私が、
ここまで毎日愛用するようになった理由について
お話していきます。

ちなみに私が愛用しているのは『ANOVA』です。

とにかく手間がかからない。

私がハマった最大の理由はここです。

いくら健康に良くて美味しい料理が作れるとしても、
片付けを含めて手間や時間がかかるなら、
絶対に続かなかったと
思います。

でも低温調理器なら、
洗い物も食事に使うお皿のみ

フライパンやグリルなどを一切使わないので、
調理器具が汚れるという事自体が皆無なのです。

やることと言えば肉や魚と調味料をジップロックに入れ、
温度を設定した低温調理器に決まった時間突っ込んどくだけ

正確に言うと、低温調理器をセットした容器のお湯の中にですが。

こんなに簡単なのですが、
人に低温調理をやっていると言うと、
難しそうとか時間がかかりそうとか言われることが多いです。

確かに時間については、
私はギリギリの低温で長時間かけて、
じっくり加熱するレシピを使っているので、
お肉なら9時間以上かかります。

でもそれも前の晩や朝にセットしておけば、
あとは完全放置でできあがり
です。

これがコンロを使った調理法であれば、
ずっと付きっ切りでいないといけない
ので、
時間が掛かるほど大変なのは確かです。

でも低温調理器なら、
最初に簡単な下ごしらえさえしてしまえば、
あとは何時間だろうが完成まで放置できます。

料理する時間が取れないような忙しい人ほど、
低温調理器はおすすめ
なんですね。

とにかくおいしい。

これはもう、
本当に本当に美味しいです。

スーパーの安い鶏もも肉でも、
絶品に
仕上がります。

Processed with Rookie Cam


こんな風に綺麗なピンク色になります。

低温調理の肉や魚の味に慣れてしまうと、
もう他の調理法なんかは全くする気になれない程です。

お肉のおいしさって本当にピンキリで、
やっぱり高いお肉は私が料理しても美味しく仕上がります。

でも毎回高い肉なんてそうそう買ってられません。

でも低温調理器で料理をすると、
スーパーの安い肉だろうと、
そこらのレストランをはるかに超えるような
絶品料理に
なってしまうんです。

以前も手間のかからない肉や魚料理を探して、
グリルやオーブンを使ってみたりしてきました。

でも確かに手間はそれほどかからなくとも、
パサパサになったりして美味しくなかった
です。

ところが低温調理器を使ったら、
もっと手間もかからない上に美味しいという、
素晴らしすぎる結果に。

普通の調理法で肉や魚料理を美味しく作れるようになるには、
かなり経験を積まないと難しいです。

肉や魚の厚みとか、火力とか、
フライパンなどの火の通りやすさとかで変わるので、
毎回安定して美味しく作るのは素人にはハードルが高いですし。

それに肉や魚って加熱しすぎると、
パサついたり固くなったり
しますね。

これは一定の温度を超えるとタンパク質が変性して収縮することで、
筋肉に含まれていた水分が逃げていってしまう
からなんです。

水分と一緒にうまみも逃げてしまうので、
食感も味も悪くなってしまいます。

でも真空低温調理なら、
食材ごとに最適な時間や温度で加熱ができるので、
失敗なく毎回美味しく仕上げることができるんです。

肉や魚の料理って火加減で失敗するリスクがあるので、
料理が苦手な私にはハードルが高かったのですが、

真空低温調理なら簡単に確実に美味しくできるので、
料理をするハードルが格段に下がりました。

健康にも良い

低温調理の方が健康に良いのは確かです。

肉や魚って高温で調理すると、
AGEsという有害な物質が生まれる
んです。

AGEsは終末糖化産物といって、
タンパク質と糖が結びついてできる物質です。

体内に蓄積されると老化を加速させるので、
アンチエイジングの大敵ですね。

それだけでなく動脈硬化や骨粗しょう症など、
色々な病気を引き起こしたり、
悪化させる原因になる
と言われています。

一部は体内で分解されますが、
一部は分解されずにどんどん蓄積されていくので、
なるべく摂らないに越したことはない成分です。

そんなAGEsは、
加熱調理をすることで調理前の10~100倍に増えます。

しかも加熱方法が焼いたり揚げたりと高温になる程、
多く生成される
んですね。

さらにこれだけでなく、
肉魚に限らず食材を高温で調理すると、
発がん性物質も発生する
と言われています。

なので低温で調理すれば、
発がん物質もAGEsの発生も抑えられる
ので、
低温調理した肉や魚は健康にも良いんですね。

真空低温調理のデメリットは?

良いことだらけの真空低温調理ですが、
デメリットももちろんあります。

まず低温調理器が場所をとるということ。

低温調理器自体は縦長の筒状ですが、
単体では使えず、お湯を張る容器が必要です。

私は炊飯器をほとんど使っていないので、
炊飯器の内釜を使っています。

こんな感じで狭いキッチンの狭い調理台に設置しているので、
確かに邪魔ではあります。

とはいえ今や料理の主体は低温調理器だし、
メリットの方がはるかに大きいので、
あまり気にせずに置いています。

次にある程度知識が必要なこと。

低温調理は文字通り低温で調理するので、
よく調べずに自己流をかますと、
食中毒を引き起こす
ことにもなりかねません。

低温調理器はまだまだ黎明期で、
きちんとしたレシピ本もまだまだ少ないのが現状です。

なので信頼できる情報収集をしたうえで使うことが大事です。

おすすめの低温調理レシピ

私がおススメするのはニコニコチャンネルの料理番組
『メンタリストDaigo&つっしーのメンタル料理講座』です。

私が低温調理を知ったのも、
このチャンネルがきっかけです。

見始めてすぐに猛烈に低温調理器が欲しくなり、
衝動買いをしてしまいました。

結果的に『ジェットウォッシャー・ドルツ』に次いで
買ってよかったアイテムに
なったので正解でしたが。

ちなみにこのチャンネルはメンタリストDaigoさんの
『心理分析してみた!』から派生した、
調理専門チャンネルですね。

Daigoさんの友人で仕事仲間のつっしーさんによる
実演&講義放送になっていて、
これまでに低温調理を始め、
色々なレシピの放送をされています。

つっしーさんは料理や食材の知識が豊富で、
低温調理身体に良い料理やスイーツなど、
健康や料理の知識をたくさん教えてくれます。

月額¥540ですが、おつりがくる位だと思っています。

生放送で配信されますが、
すぐにアーカイブがアップされるので、
会員になれば過去の放送も、
いつでも視聴できるようになっています。

ちなみにDaigoさんはたまにしか出てきません。

出てきても試食したり飲んだくれたり、
下ネタ言ったりしてるだけなので(!)、
Daigoさん目当ての場合は、
本放送の『心理分析してみた!』がおススメです。

今やニコニコチャンネルの中でぶっちぎりの一位ですね。
こっちもかなり面白いので両方契約してます。

最近はこの2つの放送や、
動画教材を見るのに忙しく、
気づけばテレビを2か月以上見ていないような生活を送っています。

とくに低温調理器と『メンタル料理講座』は、
私の中では切っても切り離せない存在なので、
セットでおススメですよ。

それではまた。