アンチエイジング

美肌のために毎月1万円使うとしたら、何に使う?

こんにちは、アラフォー会社員のみりりっこです。

30代があっという間すぎて、次に気づいたらもうアラフィフになっているんじゃないだろうか、と思う今日この頃です。

今回はスキンケアとその出費について語りたいと思いますが、30代、40代と年を重ねていくとともに、スキンケアの悩みが増える女性は多いのではないでしょうか。

私も20代前半の頃は、30代、40代になったら『S〇-2』のようなエイジングケアの高級ブランドコスメをフルラインで使わないと、肌の老化に対抗できないと思い込んでいました。

ところが実際、今アラフォーになってみて、若い頃に予想していたような高額なスキンケアコスメなど全く使わずに過ごしていることに気がつきました。

高級なスキンケアコスメなんかは、フルラインで揃えるどころか、単体ですら使っていません。

私が化粧品にかけるお金がどんどん減っているのは、美肌とまでは言えないものの、年齢にしては満足のいく、健康的な肌状態をキープできるようになったからです。

それは食事改善サプリによる栄養摂取のおかげだと思います。

食事の見直しやサプリの摂取は、もともと体調不良の改善のために始めたものですが、結果的に肌にも嬉しい効果が出たので、その分スキンケアにコストや労力をかけなくてよくなったのです。

化粧品にかけるお金が激減したとはいえ、一方で毎月プロテインだけで¥8000ほどかかりますし、ビタミン・ミネラルサプリも月あたり¥2000ほどはかかっています。

合わせて1万円ほど。高いと思う人も少なくないでしょう。

私にとっても、安月給の会社員なので、決して安い出費ではありません。

けれども、単に肌の表面にしか効果のない化粧品と違い、健康維持と美肌の両面から根本的に効果を発揮してくれるのだから、投資する価値を十分以上に実感しています。

肌の老化や体調不良に悩んでいる人に、プロテインを勧めると、お金がかかるからと敬遠する人が多いですが、そういう人ほど新しい化粧品や美容ドリンクの情報に飛びついたり、毎月少なからぬ金額を化粧品に使っていたりするケースが少なくありません。

そういう反応の人に対しては、それ以上プロテインやサプリを勧めるつもりはありませんが、正直なところ、勿体ないな~と思ってしまいます。

かくいう私も、若い頃はなんの知識もなく、『高い化粧品=なんだか良さそう』と思い込んでいました。

そこそこ高級な化粧品ブランドで販売員をしていた時期は、コスメ大好きな仕事仲間達に刺激され、自社ブランドだけでなくあちこちのデパコスを競うように買いあさっていたし。

美容雑誌を読み込んで、気になる商品があれば、今使っているものが残っていても、欲しいのを我慢できずに買いに走ったり。

それはもう、使いきれない量を買い込んでいました。

先ほど、プロテインやサプリに月に1万円は高い出費だと書きましたが、若い頃の化粧品への浪費は月1万では済まなかったと思います。

当時は、高単価な化粧品を販売していたせいか金銭感覚がおかしくなっていたし、職場の過酷な労働環境や対人関係のストレスで浪費癖も止まらなくなっていたので、年々酷くなっていました。

それで肌がきれいになったのならまだしも、疲労とストレスで肌はボロボロになる一方でした。

更には婦人科系の病気やメンタル不調など、今に至る慢性疾患が出始めたのもこの時期。

ストレス過多と、間違ったダイエット、糖質の過食と、身体と心に負担をかけまくっていた状態では、どれほど化粧品にお金をかけたって無意味だということを当時の私は気づいていませんでした。

自分の化粧品への出費で、20代のマックスでお金と手間をかけていた頃と、今現在を比較してみると、当時の無駄使いっぷりに愕然とします。

20代の頃に使っていた化粧品と、だいたいの価格はこんな感じです。

20代で使っていた化粧品

メイク落とし
・ポイントメイク落とし(約¥3000)
・乳液タイプのクレンジング(約3000)

洗顔
・泡で出てくるタイプ(約3000)→減りがめっちゃ早い。

保湿ケア
・化粧水(約¥3500)
・目元美容液(約¥8000)
・保湿or美白美容液(約¥10000)
・クリーム(約¥8000)

顔だけでこんなにですが、ボディ用も別に買い揃えていました。

うん、思い出しながら価格を打ち込んでいるだけで、ひぃぃ、となってきました。

勤め先の商品は社割があったとはいえ、気前よく母にも使ってもらっていたので、実質定価で買っていたようなものです。

しかも化粧水は当時、佐伯チズ先生のローションパックにハマり、恐ろしいスピードでジャブジャブ消費していました。

さらにメイクアップコスメも、『デパコスじゃないと恥ずかしい』という謎のこだわりで、仕事仲間の口コミや美容雑誌の情報に飛びつき、あちこちのデパコスで買い集めていました。

ブランド側から見たら簡単にイメージ戦略に踊らされる『良い消費者』なんでしょうけど、今振り返ってみると馬鹿としか思えない。

もちろん、私とて十分な貯蓄と生活費が確保された上で、自由に使えるお金が無尽蔵にあるなら、高かろうが好きなだけ気に入った化粧品を買えば良いと思います。

でも富裕層でも高収入でもなく、当時実家に居座っていた身で、なにを分不相応なお金の使い方をしていたんだと、わが身を振り返って恥ずかしくなるのですよね。

…に対して、今使っている化粧品と価格はこんなものです。

現在使っているスキンケア化粧品

メイク落とし
・ビオデルマ サンシビオH2O 500ml(¥1500前後)
  Amazonで並行輸入品の大容量ボトルを格安で購入
  朝のふき取り洗顔と兼用。

洗顔(夜のみ)
・ドクターブロナー マジックソープ946ml(¥3000前後)
  Amazonで並行輸入品の大容量ボトルを格安で購入
  (今みたらものすごく値上がりしててビビった。)
  洗顔だけでなくボディーソープ、ハンドソープ兼用。
  一見高いですが、量が多く、無印の泡ポンプに5倍希釈くらいで入れて使って1年くらい持ちます。

保湿
・サンホワイト 50g(約¥1000)
 不純物が限りなくゼロに近い高級ワセリン。
 高級とはいえ、ワセリンとしては高い、という程度。
 使用量もごく少量なので、コスパ抜群。

以上。

Amazonで買えるものばかりで、タイミングによっては価格が大きく変動することもありますが、おおむねコスパが良いです。

マックスな頃に比べると、恐ろしくシンプルですね。

昔の反動でここまでシンプルになった…というわけではなく、単に内側から肌の材料を十分供給できるようになったため、徐々に色んな化粧品が不要になったというだけです。

もし栄養が不足したままで、いきなり今のような最小限のスキンケアにしてしまったら、肌は自ら守る力が弱すぎてボロボロになっていたでしょう。

栄養を満たし、生まれ変わる肌の細胞に十分な栄養が行きわたり、新しい肌の防御力や保水力、ハリが強化されるようになってから、徐々に外からの化粧品をマイナスしていく、という流れが良かったのだと思います。

ちなみに今はメイクコスメもプチプラオンリーです。

セザンヌなど、プチプラでも品質の良いメーカーも豊富ですし、正直、よほど粗悪なものを掴まなければ、デパコスと仕上がりも大差ありません。

今だから認められることですが、以前デパコスを買って持ち歩いていたのは、見栄以外の何物でもないです。

でも考えてみれば、人に見せびらかして使うわけでもないので、見栄の為だけに無駄にお金を使う価値を見出せなくなりました。

もっと早くに、美肌のために本当に必要なものは何か、ということを、自分で学んで正しい知識をつけていれば、見栄やブランドのイメージ戦略に振り回されることもなかったので、残念です。

無知と見栄のせいで過去に無駄使いしてしまったお金は二度と戻ってきませんが、少なくとも今からは、知識を身に付けて本当に価値のあることにお金を使っていきたいです。

これは美容目的の出費に限らず、ですが。

それではまた。